コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅隆基 らりゅうき Luo Long-ji

2件 の用語解説(羅隆基の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羅隆基
らりゅうき
Luo Long-ji

[生]光緒22(1896).江西,安福
[没]1965
中国の教育家,政治家。清華大学卒業後,アメリカに留学。帰国後,清華大学教授,天津で『益世報』編集者,北京の『晨 (しん) 報』総経理を歴任。抗日戦中は国民参政員,1953年民主同盟副主席。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羅隆基
らりゅうき / ルオロンチ
(1896/1898―1965)

中国の政治家。江西(こうせい/チヤンシー)省安福県生まれ。北京(ペキン)の清華大学卒業。1925年アメリカのウィスコンシン大学卒業。1928年コロンビア大学哲学博士。帰国して、天津(てんしん/ティエンチン)『益世報』記者となる。抗日戦中、昆明(こんめい/クンミン)で西南連合大学教授。1938~1942年重慶(じゅうけい/チョンチン)の国民参政会員。1944年重慶で中国民主同盟結成に参加。1949年、中華人民共和国成立とともに人民政府政務委員。1950年民主同盟副主席、外交学会理事。1954年全国人民代表大会常務委員、政治協商会議常務委員。1956年森林工業相。1957年党の整風運動のなかで、章伯鈞(しょうはくきん/チャンポージュン)(農工民主党主席)と結んで反共活動を行ったとして非難され、1958年要職を解任される。しかし、翌1959年には民主同盟委員、政治協商会議全国委員として部分復活。1964年にも再選された。[高市恵之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羅隆基の関連キーワード珂憶円心江西省安福殿江西江西学派兵庫県三木市志染町安福田江西町安福建雄安福クラブ安福寺観音堂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone