コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昆明 コンメイ

5件 の用語解説(昆明の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こんめい【昆明】

中国雲南省の省都。標高1900メートル雲貴高原にあり、気候は温暖で、景勝地も多い。ベトナムミャンマーなどへの交通の要地。クンミン。人口、行政区304万(2000)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

昆明【こんめい】

中国,雲南省の省都。省のやや東部寄り,雲貴高原の中央部に位置する。夏冬の温度差が小さく,ツツジツバキなどが豊富で,〈春の都〉〈花の都〉ともよばれる。古くは西南夷の地とよばれ,チベット族,タイ族,ミヤオ族などの居住するところと考えられていた。
→関連項目雲南[省]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こんめい【昆明 Kūn míng】

中国,雲南省中部の市,雲貴高原の中央部,滇池(てんち)の北岸にある省人民政府所在地。人口165万(1994)。行政上富民県など6県と2自治県を管轄する。鉄鋼業など工業も発達し中国西南部の経済中心である。夏冬の温度差が小さく,またツバキ,ツツジなど豊富で,〈春の都〉〈花の都〉ともよばれる。古くは西南夷の地で,昆明とはその一部族の名称であった。漢の武帝は益州郡をおいたが,この地域は穀昌県に属した。三国の蜀のとき,諸葛亮(孔明)の南征により建寧郡が成立,6世紀には昆州さらに昆川となり益寧県に変わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こんめい【昆明】

中国、雲南省の省都。雲貴高原の海抜1950メートルに位置し、温和な気候に恵まれ、滇池てんちと後背の山々をひかえた中国有数の景勝地。ミャンマー・ラオス・ベトナムへの交通の起点で、商工業も盛ん。クンミン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昆明
こんめい / クンミン

中国南部、雲南(うんなん/ユンナン)省の省都。省中央部(てんち/ティエンチー)盆地にあり、市街地は池地方に拡がる。市部5区と5県、3自治県を管轄し、安寧(あんねい)市の管轄代行を行う省直轄市。人口480万9409、市轄区人口210万8105(2000)。市街地は池北岸の標高1890メートルの高原に位置し、北と西に山を控えるため気候は温暖である。このため春城(常春の町)とよばれる。紀元前から池を中心に少数民族が居住し、漢の武帝の南征以後益州に属し、三国時代には晋寧(しんねい)郡と改称、唐代に南詔(なんしょう)国が興るとこの地に東都の拓東城(のち(ぜんせん)城と改名)を建て、宋(そう)代の大理国は闡府とよんだ。元(げん)のフビライが大理国を滅ぼしたのち昆明一千戸所を置き、1276年雲南行中書省が設立されると、昆明県が置かれ、中慶路に所属して省の行政の中心地となった。明(みん)代に中慶路は雲南府と改められ、雲南府昆明県は雲南省の省都となった。清(しん)代末に昆河鉄道が建設され、日中戦争中に町鎮(えんちょうちん)を経てビルマ(現ミャンマー)と結ぶビルマ・ルートが通じ、中国南西部における外国との交通の要地となった。市街は南北に盤竜江が貫流し、成昆、貴昆、昆河、南昆の各鉄道と(てんめん)、昆洛(こんらく)両自動車道が交差する。市街北西部に翠湖(すいこ)公園、円通寺、動物園があり、中央部には博物館やデパートが集中している。周辺の工業地帯には、染色、自動車、綿紡織、合成繊維、製糖、工作機械、化学などの工場がある。市域の県では、燐(りん)、ボーキサイト、鉄、コバルト、鉛、銀などの鉱山や一平浪(いちへいろう)の炭田もある。郊外には、池、竜門、節竹寺、金殿、黒竜潭(こくりゅうたん)、石林など名勝旧跡が多い。[青木千枝子・河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の昆明の言及

【雲南[省]】より

…2地区級市,7地区,8自治州からなり,さらにこれらが127県級行政地域(4市轄区,15市,79県,29自治県)に区分されている。省都は昆明。北はチベット自治区,四川省,東は貴州省,広西チワン族自治区,南はベトナム,ラオス,西はミャンマーと接し,少数民族が30%をしめる。…

※「昆明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

昆明の関連キーワード雲貴高原雲南省貴州貴陽高知成都臨淄ナグプル楚雄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

昆明の関連情報