コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美笑軒一鶯 びしょうけん いちおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

美笑軒一鶯 びしょうけん-いちおう

1795-1888 江戸後期-明治時代の華道家。
寛政7年生まれ。幕臣。はじめ美声軒,のち美雪軒とあらため,慶応4年美笑軒をつぐ。美笑流9代。江戸赤坂にすんでいたので赤坂美笑流とよばれた。10代をついだ子の美笑軒一鷹(いちよう)が早世したため,11代となる。明治21年9月22日死去。94歳。本名は石村文之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

美笑軒一鶯の関連キーワードシラー(Friedrich von Schiller)フランス史(年表)チェーホフエッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府カメハメハ1世ゲーテ総裁政府

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android