コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽交い ハガイ

デジタル大辞泉の解説

は‐がい〔‐がひ〕【羽交い】

鳥の左右の翼が重なる所。
鳥のはね。つばさ。
「せめて―の今少し丈夫になるまでは」〈蘆花思出の記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はがい【羽交い】

鳥の左右の羽の、畳んだときに重なる部分。 「葦辺行く鴨かもの-に霜降りて/万葉集 64
はね。つばさ。 「片-を射切つて/太平記 16
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

羽交いの関連キーワードドラゴン・スープレックス・ホールド逮捕監禁罪羽交いの下つばさ太刀奪大鳥の交い鷹狩

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android