コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽交い ハガイ

デジタル大辞泉の解説

は‐がい〔‐がひ〕【羽交い】

鳥の左右の翼が重なる所。
鳥のはね。つばさ。
「せめて―の今少し丈夫になるまでは」〈蘆花思出の記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はがい【羽交い】

鳥の左右の羽の、畳んだときに重なる部分。 「葦辺行く鴨かもの-に霜降りて/万葉集 64
はね。つばさ。 「片-を射切つて/太平記 16
[句項目] 羽交いの下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

羽交いの関連キーワードドラゴン・スープレックス・ホールド逮捕監禁罪羽交いの下つばさ太刀奪大鳥の交い鷹狩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android