コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思出の記 オモイデノキ

デジタル大辞泉の解説

おもいでのき〔おもひでのキ〕【思出の記】

徳冨蘆花の自伝的小説。明治33~34年(1900~1901)に発表。作者自身の生活体験に基づいた教養小説であり、同時に明治の時代精神を描く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

思出の記【おもいでのき】

徳冨蘆花の自伝的長編小説。1900年―1901年《国民新聞》に連載(連載時は《おもひ出の記》,刊行の際に《思出の記》に改題)。地方の旧家に生まれ父を失った主人公菊池慎太郎の立志伝的半生を描く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おもいでのき【思出の記】

徳冨蘆花の長編小説。1900年(明治33)から01年にかけて《国民新聞》に《おもひ出の記》として連載,《思出の記》と改題して刊行。自分や兄蘇峰(そほう)を安易に折衷して人物を造型したという理由で,後年の作者からは批判的に扱われた。しかし一人称で語られる主人公菊池慎太郎の半生――立身出世して家名を再興しようとする野望に端を発し,民権運動の洗礼を受けながら自由にめざめるとともに,キリスト教を契機として自己の内的充実をはかっていくその過程は,明治知識人理想像ともいえ,末尾に描かれるユートピア像とともに,ついに実現しなかった維新本来の理想のイメージを定着したものといえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おもいでのき【思出の記】

小説。徳富蘆花作。1900(明治33)~1901年発表。明治の青年の、新しい時代を背景とした近代的知識人へ成長する過程を描く自伝的教養小説。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

思出の記
おもいでのき

徳冨蘆花(とくとみろか)の長編小説。1900年(明治33)3月から翌年3月まで『国民新聞』に連載。5月、民友社刊。九州の士族、菊池慎太郎は、幼時、家業の破産と父の死にあい、母に家名再興を迫られて発奮。やがて出郷。苦難を重ね、帝国大学文科を卒業し、愛するお敏(とし)と結婚、在野の評論家として身をたてるまでになる。その間、キリスト教に触れ、自由人的な生き方に目覚める。巻末、帰省の場面に描かれている新吾の炭鉱経営と松村の農業形態は、蘆花の理想であった。明治前期の時代の上昇気運を明るく描いた浪漫(ろうまん)主義文学の傑作である。ディケンズの『デビッド・カパーフィールド』に学び、蘆花自身の思い出の断片を生かして書かれたもの。[吉田正信]
『『思出の記』(『現代日本文学大系9』所収・1971・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

思出の記の関連キーワードしゃならしゃなら入り代り立ち代り立代り入代り一驚を喫する手を分かつ思い屈する気を兼ねる頼み切り擦枯らし抱関撃柝砥の如しぐどぐど思い断つ建白書騒立つ余所耳取縛る田舎漢人好し即下

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

思出の記の関連情報