コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翠釜亭 すいふてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

翠釜亭 すいふてい

?-? 江戸時代中期の浮世絵師。
大坂の人。上方役者の舞台姿半身像をえがいた,天明2年(1782)刊の絵本「翠釜亭戯画譜」をのこす。これは上方役者似顔絵のはやい時期のものである。邦高,子登の印のある円山派の肉筆画「孔雀図」の作者と同一人とする説がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android