円山派(読み)マルヤマハ

百科事典マイペディアの解説

円山派【まるやまは】

江戸中期京都に興った円山応挙を祖とする画派。琳派(りんぱ)など日本伝統の装飾画法に,沈銓の写生画風や,西洋画の写実技法を加味して,清新な画風を開いた。画家に長沢蘆雪,源【き】〔1747-1797〕,山口素絢〔1759-1818〕らがいる。
→関連項目歌川広重太田聴雨川端玉章幸野楳嶺四条派竹内栖鳳森寛斎森狙仙山元春挙

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

まるやまは【円山派】

江戸時代の日本画の一派。円山応挙を祖とし写実的な様式をもつ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まるやま‐は【円山派】

〘名〙 絵画の一派。江戸中期、京都の円山応挙が客観的写生主義を唱えて始め、幕末・明治まで続いて、大きな影響力をもった。弟子に、長沢蘆雪・駒井源琦らがいる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の円山派の言及

【円山応挙】より

…江戸中期の画家。円山派の創始者。通称は岩次郎,左源太,主水,字は仲均,仲選。…

【円山四条派】より

…江戸中期に興った絵画の流派。円山応挙が開いた円山派と呉春が興した四条派の総称。18世紀中ごろ狩野派土佐派をはじめとする伝統的画派は形式化に陥り,また琳派は尾形光琳のあと卓越した画家に恵まれず,創造性を枯渇させていた。…

※「円山派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円山派の関連情報