コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翼面積 ヨクメンセキ

デジタル大辞泉の解説

よく‐めんせき【翼面積】

飛行機や鳥などの翼を平面に投射した時の最大射影面積。一般に胴体と重なる部分も含める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の翼面積の言及

【翼】より

… 翼に働く揚力をL,抗力をDとすると,LCLqS,DCDqSという式で表せる。Sは翼面積(m2),qは空気の動圧つまり飛行速度での正面面積1m2当りの風圧で,飛行速度をv(m/s),空気の密度をρ(kgs2/m4)として,q=ρv2/2である。CLを揚力係数lift coefficient,CDを抗力係数drag coefficient(または抵抗係数)といい,その値は翼の形や迎え角で変わる。…

※「翼面積」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

翼面積の関連キーワードスピリット・オブ・セントルイス号YSアンリ・ファルマンIIIコンバーチブル・プレーンアスペクト(比)ボイジャー号アスペクト比高揚力装置可変後退翼コンコルドオージー翼無尾翼機水中翼船コメット高速飛行翼面荷重カラベル先尾翼機フラップ航研機