老老介護(読み)ろうろうかいご

知恵蔵miniの解説

老老介護

高齢者の介護高齢者が行うこと。主に65歳以上の高齢の夫婦、親子、兄弟などがそれぞれ介護者・被介護者となるケースを指す。超高齢社会を迎えた日本では、核家族化が進行していることもあり、老老介護を行う世帯が年々増加している。利用料金の高さや他人を家に入れたくないなどの理由から、高齢者がヘルパーなどの介護サービスをあえて利用しない場合も多い。介護疲れによる非介護者のうつ病や病気などが後を絶たず、深刻な社会問題となっている。

(2013-8-16)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

老老介護

おおむね65歳以上の高齢者が高齢の配偶者や親らを介護すること。厚生労働省の調査(2010年)によると、同居介護者約380万人のうち、約137万人が65歳以上。介護者は男性が約3割。65歳以上の人口は昨年3千万人を突破し、ほぼ4人に1人が高齢者。35年には3人に1人、60年には2・5人に1人になると見込まれている。

(2013-02-18 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

老老介護の関連情報