コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳鏡 ジキョウ

デジタル大辞泉の解説

じ‐きょう〔‐キヤウ〕【耳鏡】

外耳道やその奥にある鼓膜などを検査するための医療器具。ふつう、金属製で漏斗形をしており、耳の穴に差し入れて用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じきょう【耳鏡】

外耳道・鼓膜などの観察に用いる金属製の漏斗状をした器具。外耳道に挿入し、反射鏡で光を射入し検査を行う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の耳鏡の言及

【内視鏡】より


[内視鏡の構造]
 目的とする部位により異なった構造の器具が用いられる。体の表面に近い鼻,耳,のど,肛門,腟の内腔を見るためには,それぞれ鼻鏡nosal speculum,耳鏡ear speculum,喉頭鏡laryngoscope,肛門鏡anoscope,腟鏡speculaが用いられる。これらは内腔を広げるための管やへら状のもの,あるいは柄のついた小さい鏡である。…

※「耳鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

耳鏡の関連キーワード鼓膜穿孔(慢性化膿性中耳炎/単純性中耳炎)急性限局性外耳道炎/耳びまん性外耳道炎外耳道真菌症鼓膜裂傷内視鏡鼓膜炎外耳道反射鏡

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android