耳鏡(読み)ジキョウ

デジタル大辞泉の解説

じ‐きょう〔‐キヤウ〕【耳鏡】

外耳道やその奥にある鼓膜などを検査するための医療器具。ふつう、金属製で漏斗形をしており、耳の穴に差し入れて用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じきょう【耳鏡】

外耳道・鼓膜などの観察に用いる金属製の漏斗状をした器具。外耳道に挿入し、反射鏡で光を射入し検査を行う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の耳鏡の言及

【内視鏡】より


[内視鏡の構造]
 目的とする部位により異なった構造の器具が用いられる。体の表面に近い鼻,耳,のど,肛門,腟の内腔を見るためには,それぞれ鼻鏡nosal speculum,耳鏡ear speculum,喉頭鏡laryngoscope,肛門鏡anoscope,腟鏡speculaが用いられる。これらは内腔を広げるための管やへら状のもの,あるいは柄のついた小さい鏡である。…

※「耳鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

耳鏡の関連情報