コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼓膜 こまく tympanic membrane

翻訳|tympanic membrane

6件 の用語解説(鼓膜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鼓膜
こまく
tympanic membrane

外耳道の奥の中耳との境にある薄膜。耳小骨を介して増幅した空気の振動を内耳に伝達して内耳感覚器を刺激する。弾力性があり,中央がややくぼみ,径 1cm弱で楕円形,厚さ約 0.1mm。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こ‐まく【鼓膜】

外耳中耳との境にあるほぼ円形の薄い膜。音波を受けて振動し、耳小骨内耳へ伝える。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鼓膜【こまく】

陸生脊椎動物にあって,音波を受けて振動する薄い膜。両生類では鼓膜は体表面にあるが,爬虫(はちゅう)類(ヘビ類は除く)・鳥類・哺乳(ほにゅう)類では,外耳道の奥で鼓室との境にある弾力のある薄い膜。
→関連項目インピーダンス・オージオメトリー中耳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こまく【鼓膜 tympanic membrane】

両生類以上の脊椎動物のにおいて,中耳の外側に張りつめている薄い膜。外界の音響によってこの膜が振動すると,その振動が膜の内面に付着した耳小骨(鼓室小骨)を介して内耳へ伝わり,聴覚を引きおこす。両生類では鼓膜は体表と同じ面にあるが,爬虫類(耳の退化したヘビ類を除く)以上の動物では外耳が発達し,鼓膜は耳の外口より奥へ退いた位置にあって,機械的に損傷するのが防がれる。進化的にみれば,耳の穴は原始的魚類であるサメ類のもつ呼吸孔(噴水孔)つまり退化した第1鰓裂(さいれつ)と相同のもので,鼓膜はこの鰓裂の外口が開通せずに皮膚が張ったまま残存したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こまく【鼓膜】

耳孔の奥にあって外耳と中耳との境にある、厚さ0.1ミリメートルの卵円形の薄い膜。音波を受けて振動し、これを鼓膜に付着した耳小骨によって内耳に伝える。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鼓膜
こまく

外耳道のもっとも奥にあるほぼ円形の膜で、大きさは長径が約9ミリメートル、短径が約8.5ミリメートル、厚さは0.1ミリメートルの薄い膜である。中央がややへこんだコーン状で、外耳道に上方から下方へ斜めに張っている。鼓膜の内側は空気の入った鼓室(中耳腔(くう))で、耳小骨連鎖のもっとも外側の骨であるツチ骨が鼓膜の裏側についている。外耳道から入ってきた音波はコーン状の鼓膜で効果的に受け取られ、鼓膜が振動する。この振動がツチ骨、さらに耳小骨連鎖を経て内耳に伝わり、そこで蝸牛(かぎゅう)神経を興奮させ、最終的に大脳の聴野を刺激して音として感じ取ることができる。
 鼓膜は非常に薄いので、耳の平手打ち、爆風、あるいは潜水などによる気圧変化、中耳炎で鼓室に膿(のう)が貯留するなどの原因で簡単に破れることがあり、これを鼓膜穿孔(せんこう)という。穿孔が新鮮な場合は比較的治癒しやすいが、穿孔が残ると難聴となるし、外耳道から汚染して中耳炎をおこしやすくなる。[河村正三]

動物の鼓膜

両生類以上の脊椎(せきつい)動物と昆虫にある音受容器の一部。脊椎動物では中耳の入口に張っている弾力に富んだ薄い膜で、音波を受けて振動する。振動は、両生類、爬虫(はちゅう)類、鳥類では、魚類の舌顎(ぜつがく)軟骨に由来する耳小柱(じしょうちゅう)に伝えられる。耳小柱の振動は、内耳の膜迷路に伝わり、膜迷路の内部にある感覚細胞を興奮させる。哺乳(ほにゅう)類では、鼓膜の振動は、爬虫類の関節骨由来のツチ骨(槌骨)、方骨由来のキヌタ骨(砧骨)、耳小柱が縮小変形したアブミ骨(鐙骨)の順に伝えられる。
 昆虫の音受容器は鼓膜器官といい、気管膨大部の表皮が薄膜状になったものを鼓膜とよぶ。鼓膜に接して鼓膜器官の感覚細胞がある。鼓膜器官は、キリギリスやコオロギでは前肢の脛節(けいせつ)の付け根、バッタでは第1腹節の両側にあるなど、位置は種により異なる。[川島誠一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鼓膜の言及

【耳】より

…あぶみ骨筋は強大な音響が耳にくると反射的に収縮する。(3)鼓膜 鼓膜tympanic membraneは成人では外耳道に対して上下斜めに面しているが,小児では水平に近い。中央は内方にへこんで漏斗状をなし,周囲には鼓膜輪があって,鼓室骨の鼓膜溝に付着する。…

【耳小骨】より

…鼓室小骨または聴小骨ともいう。魚類以外の脊椎動物の中耳の鼓室にあって,音の振動を鼓膜から内耳へ伝達する小さい骨。両生類,爬虫類,鳥類には1個,哺乳類には3個ある。…

※「鼓膜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鼓膜の関連キーワード外耳原腸耳小骨脊柱前腎中耳烏口骨微胞子虫目まぶた(瞼)

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鼓膜の関連情報