コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外耳道 ガイジドウ

百科事典マイペディアの解説

外耳道【がいじどう】

一部の爬虫(はちゅう)類,鳥類,哺乳(ほにゅう)類の外耳の入口から鼓膜に至る管状の部分。入口(外耳口)は耳介(じかい)(耳殻)で囲まれている。ヒトでは,外耳道壁は外方では軟骨,内方では骨が基礎を作り,耳毛が豊富な皮膚でおおわれる。
→関連項目インピーダンス・オージオメトリー中耳炎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

がいじどう【外耳道】

耳の入り口から鼓膜までの S 字状に曲がった管。共鳴腔として働く。外聴道。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外耳道
がいじどう

解剖学的には耳介中央部のとくに深い部分(耳甲介の底部)から鼓膜までをいう。鼓膜は外耳道底と約55度の角度で前下内方に斜めについているため、外耳道の長さは上壁で24ミリメートル、下壁で27ミリメートルである。また、太さは約7ミリメートルで、断面は卵円形を示す。内腔(ないくう)容積は約1立方センチメートルである。全体としてS字状彎曲(わんきょく)を示し、外側が前方に彎曲し、内側は後方に彎曲している。奥3分の2は側頭骨に埋没し、この部分を骨性外耳道という。外側3分の1は軟骨に囲まれ、この部分を軟骨性外耳道という。外耳道を覆う皮膚はきわめて薄いが、軟骨性外耳道壁の皮下組織は厚く、毛(耳毛)や分泌腺(せん)(耳道腺・耳垢腺(じこうせん))があり、この腺は耳垢を分泌する。これらは外耳道を保護するのに役だっている。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の外耳道の言及

【外耳】より

…ワニ類,鳥類,および哺乳類では鼓膜は深いくぼみの奥に位置し,外耳は管状になって体表に開く。この管状の部分は外耳道といい,ふつうは軟骨によって取りまかれている。哺乳類のうち,原始的な単孔類,水中生活に適応したアザラシ類,および地中生活に特殊化したモグラ類を除く大半のものでは,外耳道の外口の後上方に集音装置として耳介(耳がら)が発達している。…

【耳】より

…中耳は音の伝達に関与する部分であり,原則として四足動物の共有する特徴である。さらに外耳は,鼓膜より外側にある〈外耳道〉や〈耳介〉などの諸構造を一括したもので,集音と中耳の保護に関与し,進化的には高等四足動物の最も新しく現れた特色である。外界からくる音響は外耳→中耳→内耳の順に伝達されるが,これらの部分の系統発生上の出現順序はその逆であった。…

※「外耳道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外耳道の関連キーワード耳痛の原因となる耳の病気急性限局性外耳道炎(耳)急性限局性外耳道炎/耳サーファーズイヤ慢性中耳炎術後症びまん性外耳道炎耳垢(じこう)真珠腫性中耳炎耳あか(耳垢)外耳道真珠腫外耳道真菌症外耳道閉鎖症外耳道形成術閉塞性角化症ハント症候群聴力改善手術外耳道異物外耳道湿疹耳のがん耳垢栓塞

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外耳道の関連情報