コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聞いたか坊主(読み)キイタカボウズ

デジタル大辞泉の解説

きいたか‐ぼうず〔‐バウズ〕【聞いたか坊主】

歌舞伎で、幕あきに「聞いたか聞いたか」「聞いたぞ聞いたぞ」と言い合いながら坊主姿で登場して、その狂言の筋などを知らせる役。「道成寺」「鳴神」などに出る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きいたかぼうず【聞いたか坊主】

歌舞伎で、幕あきに、「聞いたか聞いたか」「聞いたぞ聞いたぞ」と言い合いながら登場し、狂言の荒筋・経過を観客に知らせる数人の小坊主姿の役。能楽の「間語あいがたり」にならった演出法で、「道成寺」「鳴神」などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android