道成寺(読み)どうじょうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道成寺
どうじょうじ

和歌山県日高川町にある天台宗の寺。号は天音山千手院。俗に日高寺という。大宝1 (701) 年文武天皇勅願により大臣紀道成 (きのみちなり) が建立。義淵僧正作の千手観音立像 (国宝) を安置する。安珍,清姫伝説で名高く,境内にその旧跡がある。伝説とは,熊野参詣山伏安珍が真名古庄司のもとに宿った際,庄司の娘清姫に慕われ,激しく言い寄られ,やむなく偽ってそこを逃れ,道成寺に逃げ込んでの下に身を隠したが,清姫は怒りと執念のあまり大蛇と化してあとを追い,鐘に巻きついて安珍を焼き殺すという話。後日譚があり,この事件以来道成寺には鐘がなかったが,鐘を再興して鐘供養をしたところ,白拍子が現れ,舞を舞ううちに蛇体となって鐘を襲おうとしたが,僧たちに祈り伏せられたという。

道成寺
どうじょうじ

能の曲名。四番目物 (→雑物 ) 。作者未詳。紀州道成寺で釣鐘再興の日,白拍子 (シテ) が訪れ,拝観を願う。舞を見せるならと寺僧の許しを得,白拍子は烏帽子をつけて (物着) 舞う (乱拍子,急ノ舞) が,次第に鐘への恨みが現れ,鐘の中へ飛入る。寺の能力がびっくりして寺僧 (ワキ) を呼ぶと,僧は,昔,熊野詣での山伏に恋いこがれた真名古庄司の娘が蛇体となって,道成寺の鐘に隠れひそむ山伏を焼殺し,わが身も果てたという,鐘のいわれを語る。僧たちが鐘に祈ると,鐘の内から蛇体 (後ジテ) が現れ,障害をなすが,ついには祈り伏せられる (祈) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どうじょう‐じ〔ダウジヤウ‐〕【道成寺】

和歌山県日高郡日高川町にある天台宗の寺。山号は天音山。開創は寺伝によれば大宝元年(701)、開山は義淵、開基は紀道成(きのみちなり)。安珍と清姫の伝説で有名。鐘巻寺。日高寺。→安珍清姫(あんちんきよひめ)
謡曲。四番目五番目物。道成寺伝説などに取材し、恋に狂った女の執念の恐ろしさを描いたもの。歌舞伎舞踊沖縄舞踊などに大きな影響を与えている。→道成寺物
三島由紀夫の戯曲。をモチーフとする1幕の近代劇。昭和32年(1957)「新潮」誌に発表。初演は著者没後の昭和54年(1979)、芥川比呂志の演出による。「近代能楽集」の作品のひとつ。
人形美術家、川本喜八郎による短編の人形アニメーション作品。昭和51年(1976)制作。安珍清姫伝説を題材に、主人公を娘から寡婦に置き換えた作品。毎日映画コンクール大藤信郎賞、メルボルン映画祭特別賞、アヌシー国際アニメーション映画祭エミールレイノー賞および観客賞等を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

道成寺【どうじょうじ】

和歌山県川辺町(現・日高川町)にある天台宗の寺。本尊千手観音。文武天皇の勅願により,701年(大宝1年)に紀道成が創建したと伝える。日高川伝説で名高く,《道成寺縁起絵巻》がある。本堂・仁王門,木造十一面観音立像,千手千眼陀羅尼経などの重要文化財がある。
→関連項目絵解き川辺[町]

道成寺【どうじょうじ】

(1)能の曲目。作者不明(一説に観世信光作とも)。四番目物。怨霊(おんりょう)物。五流現行。恋を裏切られた女の執念を主題とする。舞い狂う白拍子が恨みの鐘にとび込むと,瞬間鐘を落下させる大胆な着想,蛇体となってからの住僧との抗争など演出の妙を尽くす。後世の演劇への影響が大きい。(2)能を翻案した歌舞伎舞踊・邦楽曲の通称。〈道成寺物〉とも総称される。《道成寺縁起》などに取材したものも含まれる。長唄を主として,地歌・箏曲・浄瑠璃・新内節・河東節・一中節など,ほとんどの種目で各種の道成寺物が行われる。内容的には,能のワキ語りに基づいて,蛇体となった女が逃げる男を追いかけ焼き殺す話を中心とするものと,その後日譚を扱ったものの2系統が主体をなすが,そのほかに演出に工夫を凝らしたものも多い。現行曲の中では,《娘道成寺》が最も有名。
→関連項目組踊桜間伴馬所作事日高川伝説

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

道成寺

和歌山県日高郡日高川町にある寺院。天台宗。山号は天音山、院号千手院。701年創建と伝わる。本尊の千手観音像、日光・月光菩薩像などはいずれも平安時代初期の作で、国宝に指定。能や歌舞伎の演目にある安珍・清姫伝説の舞台。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どうじょうじ【道成寺】

和歌山県日高郡川辺町にある寺。天音山千手院と号する。はじめ法相宗,のち真言宗に転じ,1652年(承応1)から天台宗。俗に鐘巻寺とも呼ばれる。大宝年間(701‐704)文武天皇が紀大臣道成に勅願寺として創建させたという。最近の発掘調査で金堂,講堂,塔,僧房,中門,倉庫の遺構が明らかとなり,出土瓦などから8世紀初頭の創建が確認され,寺地の裏山に古墳群があることから,豪族の私寺の可能性も検討されている。《道成寺縁起》の主人公が熊野詣修行僧であり,寺の門前が日高川の渡し場にあたることから,平安中期以降に盛んとなった熊野詣にともない,道成寺の霊験や縁起が語られ,都鄙に流布して寺名も高まったと考えられる。

どうじょうじ【道成寺】

能の曲名。四番目物。原作である《鐘巻(かねまき)》は観世信光作。シテはまなごの長者の娘の怨霊(おんりよう)。紀伊の国道成寺の釣鐘が失われてから時が久しくたった。その再興の日のこと,住職(ワキ)は能力(のうりき)(アイ)に女人禁制を申し渡す。そこへ白拍子の女(前ジテ)が来て能力に頼みこみ,舞を見せることを条件に寺内に入れてもらい,乱拍子(らんびようし)など舞ううち,隙をうかがって鐘に近づくと鐘は落下し,女はその中に消えた(〈乱拍子・急ノ舞・ノリ地〉)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

どうじょうじ【道成寺】

和歌山県日高郡日高川町にある天台宗の寺。山号、天音山。701年の開創と伝えられる。開基は義淵。安珍あんちん・清姫きよひめの伝説で名高い。 → 安珍清姫
能の一。四番目物。恋に破れた女の恨みと死後の執念の恐ろしさを描く。紀州道成寺の釣り鐘の再興供養に女の怨霊が白拍子の姿で現れ、乱拍子を舞い、蛇体となって供養を妨げるが、僧の祈りで退散する。
によった歌舞伎舞踊。「百千鳥ももちどり娘道成寺」「傾城道成寺」「二人道成寺」「奴道成寺」など多数あるが、長唄の「京鹿子きようがのこ娘道成寺」がよく知られ、その通称となっている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どうじょう‐じ ダウジャウ‥【道成寺】

[1]
[一] 和歌山県日高郡日高川町鐘巻にある天台宗の寺。山号は天音山。大宝元年(七〇一)文武天皇の勅願により、開山は義淵(ぎえん)、紀道成の創建と伝えられる。安珍清姫の伝説で有名。鐘巻寺。千手院。
[二] 謡曲。四番目物。各流。作者未詳。古曲「鐘巻(かねまき)」を短く改作したもの。紀州道成寺の鐘供養に参詣した白拍子が女人禁制の寺内にはいり込み、舞を舞いながら鐘に近づきその中に飛び込むと鐘は落下する。住僧は、昔、荘司の娘に慕われてこの寺に逃げてきた山伏がつき鐘に隠れたところ、娘の執念が蛇体となって鐘に巻きつき、鐘をとかして山伏を殺したといういわれを語り、その白拍子こそが娘の怨霊だろうと祈念をする。すると鐘は再び上がり、中から蛇体となった娘が現われ鐘にたたりをなそうとしたが、祈り伏せられ日高川に飛び入って姿を消す。道成寺伝説に基づいた作で、この道の芸の登龍門であるだけでなく、後世の文芸に大きな影響を及ぼした。
[三] 「京鹿子娘道成寺」を代表とする道成寺伝説を素材にした歌舞伎狂言。
[2] 一般に、道成寺物を演じること。また、その興行。これが演じられると必ず雨が降るといわれた。
※雑俳・冠独歩行(1702)「出来すぎて雷落る道成寺」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の道成寺の言及

【鐘巻】より

…シテは白拍子,実は女の怨霊。現行演目《道成寺》の原作で,筋立ても主要部分の詞章もほぼ同じだが,次のような違いがある。道成寺の釣鐘再興の供養を拝みにきた白拍子が,女人禁制だと断られ,愁嘆する場面がある。…

【後見】より

…なお,ワキ方や囃子方各役にも演目と必要に応じて後見が登場する。顕著な例は能《道成寺》で,鐘引き後見を含めてシテ方8人,狂言方4~6人,囃子方4人の後見が動員される。【羽田 昶】(2)歌舞伎,日本舞踊で,演者のかげにいて演技の補助をする役。…

【素声】より

…能楽では,謡のクズシの音階をシラコエという立場がある。また,《道成寺》で用いられる乱拍子という舞事において,小鼓方は大部分の掛声を,裂帛の気合いをこめて発するが,音高,音量ともごく低くおさえて発する特定の声があり,それをシラコエという。【蒲生 郷昭】。…

【道成寺物】より

…日本の芸能,音楽の一系統。紀州の道成寺伝説を扱って安珍・清姫を登場させるが,能の《道成寺》の影響を受けているものが多い。単に《道成寺》と称するもの,題名中に〈道成寺〉の語を含むもののほか,清姫が蛇身となって日高川を渡り道成寺へ安珍を追うことから〈日高川〉を題名に含むものもある。…

【用明天王職人鑑】より

…5段。仏法を日本に流布させた聖徳太子の伝説を中心に,能の《道成寺》,幸若舞曲の《烏帽子折(えぼしおり)》などの趣向をとり入れている。敏達天皇の御世,同腹の皇弟山彦皇子は外道を信じ,仏法を信じる異腹の弟花人親王(のちの用明天皇)と法力比べの末に敗れた。…

※「道成寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道成寺の関連情報