コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肘折(ひじおり)かぶ

デジタル大辞泉プラスの解説

肘折(ひじおり)かぶ

山形県最上地方で生産されるカブ。長カブ。大蔵村滝ノ沢地区などで古くから栽培されてきたもの。地上部は濃い赤紫色、下部も薄く着色する。漬物に向く。県により「最上伝承野菜」に認定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone