コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肛門括約筋 コウモンカツヤクキン

デジタル大辞泉の解説

こうもん‐かつやくきん〔カウモンクワツヤクキン〕【×肛門括約筋】

排便などに際して、肛門を広げたり縮めたりする筋。平滑筋の内肛門括約筋と、横紋筋の外肛門括約筋とからなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうもんかつやくきん【肛門括約筋】

肛門をとりまいて、その開閉を調節する輪状の筋肉。随意筋・不随意筋の両者がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

肛門括約筋の関連キーワードヒルシュスプルング病(先天性巨大結腸症/腸管無神経節症)気をつけたい排便コントロールと肛門の清潔筋萎縮性側索硬化症(ALS/アミトロ)直腸、肛門のしくみとはたらき症状によって手術を行なう裂肛(切れ痔/裂け痔)肛門周囲膿瘍/痔瘻人工肛門の知識機能温存手術直腸切断術不随意筋肛門愛期しぶり腹骨盤底筋会陰裂傷随意筋直腸脱筋緊張呼吸樹輪状

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android