肛門括約筋(読み)コウモンカツヤクキン

  • ×肛門括約筋
  • こうもんかつやくきん ‥クヮツヤクキン
  • こうもんかつやくきん〔カウモンクワツヤクキン〕

大辞林 第三版の解説

肛門をとりまいて、その開閉を調節する輪状の筋肉。随意筋・不随意筋の両者がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 哺乳類の肛門にある括約筋。平滑筋からなる内肛門括約筋と、横紋筋からなる外肛門括約筋に分けられ肛門を開閉する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報