コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排便 ハイベン

デジタル大辞泉の解説

はい‐べん【排便】

[名](スル)糞便を肛門から体外に排出すること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はいべん【排便】

( 名 ) スル
大便を体外に排出すること。大便をすること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

排便
はいべん

消化し吸収した食物の残りを肛門(こうもん)より体外に排泄(はいせつ)することをいう。普通、糞便(ふんべん)はS状結腸にあり、直腸には存在しない。S状結腸の内容物は、大腸におこる総蠕動(ぜんどう)によって直腸に送られるが、直腸内圧が20~50ミリメートル水銀柱以上にあがると直腸壁が刺激され、その興奮は骨盤神経を介して脊髄(せきずい)から大脳へと伝えられ便意がおこる。直腸の輪走筋は肛門部でよく発達し、内肛門括約(かつやく)筋をつくっている(神経支配は骨盤神経と下腹神経による)。また、内肛門括約筋の外側には横紋筋からなる外肛門括約筋があり、肛門を堅く閉じている(神経支配は陰部神経による)。排便は、脊髄(仙髄)にある排便中枢(肛門脊髄中枢)の反射によっておこるが、通常では大脳からの抑制が働いているため、排便も抑制されることとなる。しかし、脊髄の損傷によって大脳から抑制が排便中枢に届かなくなったり、脳出血などのため、大脳の機能が障害を受けると、局所反射的に排便がおこる(大便失禁という)。また乳児では、大脳が十分に発達していないため、少量ずつ排便することとなる。正常の場合、大脳からの抑制がなくなると直腸に蠕動がおこり、内外肛門括約筋が弛緩(しかん)して排便が行われるが、この動作を助けるために腹圧の亢進(こうしん)、声門を閉じて息を詰めるなどの現象(いきみ)がみられる。なお、排便の際には、肛門挙筋が収縮して直腸の脱出を防いでいる。[市河三太]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の排便の言及

【大便】より

…個人差が大きく,腸内細菌叢や食事内容によって左右される。
[排便defecation]
 大便の貯留によって直腸壁が伸展されると便意を催す。同時に,副交感神経(骨盤神経)支配の内肛門括約筋は反射的に弛緩する。…

※「排便」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

排便の関連キーワード気をつけたい排便コントロールと肛門の清潔しぶり腹(テネスムス/裏急後重)子どもの便秘と対策回腸ろう(瘻)造設内痔核の分類と脱肛小児期崩壊性障害不溶性食物繊維温水洗浄トイレ切れ痔・裂れ痔排便造影検査桂枝加芍薬湯労作性狭心症痙攣性便秘肛門括約筋前立腺炎直腸便秘小児便秘しぶり腹裏急後重直腸脱

排便の関連情報