コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥後の石工

デジタル大辞泉プラスの解説

肥後の石工

今西祐行による児童文学作品。1965年刊行。1966年度の日本児童文学者協会賞受賞。江戸時代の実在の石工、岩永三五郎をモデルとする。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひごのいしく【肥後の石工】

今西祐行の児童文学作品。江戸時代に実在した石工、岩永三五郎をモデルとする。昭和40年(1965)刊行。昭和41年(1966)第6回日本児童文学者協会賞、昭和42年(1967)国際アンデルセン賞国内賞を受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

肥後の石工の関連キーワード井口 文秀原真名美志村智雄野口達二

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肥後の石工の関連情報