実在(読み)ジツザイ

デジタル大辞泉の解説

じつ‐ざい【実在】

[名](スル)
実際に存在すること。現実にあるもの。「実在の人物」「この世に実在しない生物」
哲学で、
㋐意識から独立に客観的に存在するもの。
生滅変転する現象背後にあるとされる常住不変の実体。本体。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じつざい【実在】

( 名 ) スル
実際に存在すること。 「 -の人物」 「宇宙人は-するかどうか」
〘哲〙 現実に在る物や事。思惟されたものや想像・幻覚など、単に主観の生みだしたものとは区別され、客観的に独立して確かに存在するもの。また、事物の真の姿をいう意味で、現実の変転する現象の背後にある究極の実体を意味する場合もある。 〔「哲学字彙」(1881年)に英語 being の訳語として載る。哲学用語として定着〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

実在の関連情報