実在(読み)ジツザイ

デジタル大辞泉の解説

じつ‐ざい【実在】

[名](スル)
実際に存在すること。現実にあるもの。「実在の人物」「この世に実在しない生物」
哲学で、
㋐意識から独立に客観的に存在するもの。
生滅変転する現象背後にあるとされる常住不変の実体。本体。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じつざい【実在】

( 名 ) スル
実際に存在すること。 「 -の人物」 「宇宙人は-するかどうか」
〘哲〙 現実に在る物や事。思惟されたものや想像・幻覚など、単に主観の生みだしたものとは区別され、客観的に独立して確かに存在するもの。また、事物の真の姿をいう意味で、現実の変転する現象の背後にある究極の実体を意味する場合もある。 〔「哲学字彙」(1881年)に英語 being の訳語として載る。哲学用語として定着〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じつ‐ざい【実在】

〘名〙
① (━する) 実際に存在すること。現実にあること。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「物の実在の情形を精確に考察するは、緊要にして益あるの事なりと思へり」
※草枕(1906)〈夏目漱石〉三「燦爛(さんらん)たる彩光は、炳乎(へいこ)として昔から現象世界に実在して居る」 〔墨子‐非儒下〕
哲学で、想像・幻覚ではなく、事物・事象として存在するもの。
※物理学と感覚(1917)〈寺田寅彦〉「自分の存在に無関係な外界の実在を仮定する事は」
③ 哲学で、絶えず生滅変化する現象の奥にあると考えられる、常住不変の存在。たとえば、プラトンのイデアの世界、カントの物自体の類。形而上学的実在など。〔哲学字彙(1881)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実在の関連情報