実在(読み)じつざい

精選版 日本国語大辞典「実在」の解説

じつ‐ざい【実在】

〘名〙
① (━する) 実際に存在すること。現実にあること。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「物の実在の情形を精確に考察するは、緊要にして益あるの事なりと思へり」
※草枕(1906)〈夏目漱石〉三「燦爛(さんらん)たる彩光は、炳乎(へいこ)として昔から現象世界に実在して居る」 〔墨子‐非儒下〕
② 哲学で、想像・幻覚ではなく、事物・事象として存在するもの。
※物理学と感覚(1917)〈寺田寅彦〉「自分の存在に無関係な外界の実在を仮定する事は」
哲学で、絶えず生滅変化する現象の奥にあると考えられる、常住不変の存在。たとえば、プラトンのイデアの世界、カントの物自体の類。形而上学的実在など。〔哲学字彙(1881)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「実在」の解説

じつ‐ざい【実在】

[名](スル)
実際に存在すること。現実にあるもの。「実在の人物」「この世に実在しない生物」
哲学で、
㋐意識から独立に客観的に存在するもの。
㋑生滅変転する現象の背後にあるとされる常住不変の実体本体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android