胎盤性性腺刺激ホルモン

栄養・生化学辞典「胎盤性性腺刺激ホルモン」の解説

胎盤性性腺刺激ホルモン

 ヒトじゅう毛性性腺刺激ホルモン,胎盤性ゴナドトロピン,ヒトじゅう毛性ゴナドトロピン,じゅう毛性ゴナドトロピン,コリオニックゴナドトロピンともいう.胎盤上皮から分泌されるホルモンで糖タンパク質.分子量38k.16kのサブユニットは黄体形成ホルモン,卵胞刺激ホルモン甲状腺刺激ホルモンに共通.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android