コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上皮 ウワカワ

デジタル大辞泉の解説

うわ‐かわ〔うはかは〕【上皮】

物の表面を覆うもの。うわっかわ。うわおおい。外被。「ミルクの上皮をすくう」
表面を覆う皮膚表皮(ひょうひ)。

じょう‐ひ〔ジヤウ‐〕【上皮】

動植物の体表面や動物の体内の器官内表面などをおおっている細胞層。うわかわ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

上皮【じょうひ】

動物体の外表面あるいは体腔や器官の内腔などをおおう組織。下面の結合組織との間に基底膜をもつことが多く,また,表面にクチクラ層を分泌する場合もある。発生上,外胚葉性(皮膚の表皮など)・中胚葉性(腹膜上皮など)・内胚葉性(腸粘膜上皮など)に,機能上,吸収・分泌(腺)・保護・感覚・生殖上皮に,また付属物によって繊毛・鞭毛(べんもう)・色素上皮などに分けられる。
→関連項目上皮内癌

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

レーシック関連用語集の解説

上皮

角膜上皮のこと。角膜の断面5層のうち、一番表面にある、やわらかい層のことで、レーシックの手術では、この層を薄くめくり上げて、フラップというフタを 作ります。一般的に上皮細胞は2週間ごとに新しく生まれ変わるので、上皮のみのフラップは、固着するのが早いと言われています。

出典 レーシックNETレーシック関連用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうひ【上皮 epithelium】

体表面,管腔(たとえば消化管,呼吸器の管系,泌尿生殖器の管系など),体腔(心膜腔,腹膜腔,胸膜腔)など,動物体の内外の遊離面をおおう細胞層を上皮組織epithelical tissueという。上皮組織は上皮細胞の集まりからなっている。上皮細胞はその形態によって,扁平上皮細胞,立方上皮細胞,円柱上皮細胞,繊毛上皮細胞に分けられる。繊毛は円柱細胞がもつ場合が多く,繊毛円柱上皮細胞の名称もある。単層に配列する上皮を単層上皮,多層にぎっしりつまったものを重層上皮とよぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うわかわ【上皮】

物の外面をおおうもの。外被。
体の表皮。皮膚。

じょうひ【上皮】

外面をおおう皮。うわかわ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の上皮の言及

【角膜】より


[角膜の構造と働き]
 解剖学的には,角膜は5層からなる。最表層は角膜上皮epitheliumといい,上皮細胞の層で,5,6層の扁平および円柱上皮からなる。代謝が盛んであり,細胞が障害されても修復は速い。…

【表皮】より

…生物体の体表をおおう組織。動物では皮膚や粘膜の上皮をいう。発生学的には外胚葉に由来する。…

※「上皮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上皮の関連キーワードじゅう(絨)毛性性腺刺激ホルモン上皮細胞増殖因子受容体表皮成長因子受容体上皮成長因子受容体上皮細胞増殖因子上皮細胞成長因子微じゅう(絨)毛網膜色素上皮症子宮腟部びらん表皮成長因子上皮増殖因子上皮成長因子副甲状腺切除感覚上皮細胞ハッサル小体扁平上皮癌上皮性腫瘍アデノーマ粘膜固有層角膜上皮

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上皮の関連情報