コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡里山炮台 こりざんほうだい

世界の観光地名がわかる事典の解説

こりざんほうだい【胡里山炮台】

中国の福建省南部、厦門(アモイ、シャーメン)市のアモイ島南岸、胡里山海岸にある、清の時代に築かれた砲台跡。この砲台は1891年に建設が始まり5年の歳月をかけて完成させたもので、10門の大砲がそのまま残っている。この大砲の中で、清がドイツから購入した口径28cm、砲身長13.96m、射程距離約16kmの大砲が有名である。清はこの大砲を購入するために、2.2tの銀を用意したといわれている。砲台付近には、アモイ栄光宝蔵博物館がある。また、砲台付近からは台湾の金門島を望むことができる。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android