歳月(読み)さいげつ

精選版 日本国語大辞典「歳月」の解説

さい‐げつ【歳月】

〘名〙 としつき。年月。歳光。
※懐風藻(751)在常陸贈倭判官留在京〈藤原宇合〉「自我弱冠王事、風塵歳月不曾休
※和漢朗詠(1018頃)上「風雲は人の前に向うて暮れやすし、歳月は老いの底より還りがたし〈惟良春道〉」 〔史記‐淮南王安伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「歳月」の解説

歳月

司馬遼太郎長編小説。1969年刊行。佐賀藩出身の政治家、江藤新平主人公に据えた歴史小説。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「歳月」の解説

さい‐げつ【歳月】

としつき。年月。「完成に一〇年の歳月を要する」「五年の歳月が流れた」
[類語]月日年月としつき年月ねんげつ光陰日月星霜風霜時間

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「歳月」の解説

【歳月】さいげつ

年月。陶潜〔劉柴桑(程之)に和す〕 栖栖(せいせい)たり(あわただしい)、世中の事 、共になり

字通「歳」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android