歳月(読み)さいげつ

精選版 日本国語大辞典「歳月」の解説

さい‐げつ【歳月】

〘名〙 としつき。年月。歳光。
※懐風藻(751)在常陸贈倭判官留在京〈藤原宇合〉「自我弱冠王事、風塵歳月不曾休
※和漢朗詠(1018頃)上「風雲は人の前に向うて暮れやすし、歳月は老いの底より還りがたし〈惟良春道〉」 〔史記‐淮南王安伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「歳月」の解説

さい‐げつ【歳月】

としつき。年月。「完成に一〇年の歳月を要する」「五年の歳月が流れた」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android