脛骨動脈(読み)けいこつどうみゃく(英語表記)tibial artery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「脛骨動脈」の解説

脛骨動脈
けいこつどうみゃく
tibial artery

下腿および足に栄養を与える基本的な動脈で,前脛骨動脈と後脛骨動脈がある。ともにヒラメ筋腱弓の下で膝窩動脈から分れ,前脛骨動脈は下腿骨間膜の上を貫いてその前面に出て下腿前面の筋肉群にを与えながら下行し,足首から先では足背動脈となる。後脛骨動脈は分岐後,屈筋群の間を下り,うちくるぶしの後側を通って足底に出,内側および外側足底動脈となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android