栄養(読み)えいよう(英語表記)nutrition

  • えいよう〔ヤウ〕
  • 栄養 nutrition
  • 栄養/営養

翻訳|nutrition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生物が外部から必要な物質摂取し,それを利用して生体を維持し生活する現象。人間が毎日摂取する食物には次の3つの条件が必要で,これがまっとうされることによって栄養は完全なものとなる。 (1) 身体の活動に必要なエネルギーを供給すること。 (2) 身体の発育および各組織消耗を補充するために必要な成分を供給すること。 (3) 身体の自律調整にあずかり,また組織と体液の間の物理化学的な平衡にあずかる物質を供給すること。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

生物が自己の体構成分をつくり,生命の維持に必要な物質を外界から摂取すること,および体内におけるその利用の過程。摂取される物質(ヒトや動物では食物という)の個々のものを栄養素という。ヒトの栄養素として,炭水化物脂肪タンパク質の三大栄養素とビタミンカルシウム・鉄などの無機質ミネラル)がある。三大栄養素は体内で燃焼してエネルギー源となるので熱量素という。食物は年齢,性別,労働条件などによって異なるエネルギー所要量をみたさねばならない。炭水化物,脂肪,タンパク質各1gが体内で発生するエネルギーは,4,9,4kcalである。ただし,タンパク質は本来,体構成分をつくる役目をもち,それに使われなかった部分がエネルギー源となる。発育期の小児妊婦授乳婦は特に多量に必要とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

 生物が,自分の身体の働きに必要な外部の物質を取り込むことを栄養というが,酸素を取り込むことは含めない.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

生物は外界からとり入れた種々の物質を材料にして体の構成物質を作り,また体内で物質が分解するときに生じる化学的エネルギーを利用してあらゆる生活活動を行っている。このような体外からの栄養物質(これを栄養素という)の摂取と体内でそれを利用する過程を栄養という。 摂取する栄養素の質によって栄養型が分類される。緑色植物クロロフィル(葉緑素)のはたらきで,太陽光線のエネルギーによって二酸化炭素と水から炭水化物であるブドウ糖を合成することができ(光合成),これが体内で分解するときに生じるエネルギーによって,根から吸収した窒素硫黄リンカリウムマグネシウムなどの無機化合物を材料として,タンパク質,核酸,その他あらゆる生体構成成分を合成する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の栄養の言及

【栄養剤】より

栄養の不足を補い,アンバランスを調整するために服用する薬を総称していう。一般にはビタミン剤,アミノ酸製剤,ミネラル製剤,滋養強壮剤のことをさすが,広義には一般輸液,高カロリー輸液,宇宙食や外科栄養法に用いられる成分栄養剤elemental dietも含まれる。…

※「栄養」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栄養の関連情報