前面(読み)ゼンメン

デジタル大辞泉 「前面」の意味・読み・例文・類語

ぜん‐めん【前面】

前の方。表の方。「前面に押し出す」
前線面」に同じ。
[類語]前方正面おもて表側表面外面ファサードまのあたり面前目の前眼前現前鼻先目先目前鼻面はなづら鼻っつら真ん前手前先方直前目と鼻の先手近い程近い近い間近い間近じきすぐ至近近く手が届く指呼しこ咫尺しせき目睫もくしょう目睫もくしょうかん身近手近卑近身辺そば傍ら手元付近近辺近傍近所最寄りもと足元座右左右手回り身の回り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「前面」の意味・読み・例文・類語

ぜん‐めん【前面】

  1. 〘 名詞 〙
  2. まえの方。また、おもての方。おもての側。
    1. [初出の実例]「香台の前面にあゆみよりて、帯せる一片香を香炉にたつ」(出典:正法眼蔵(1231‐53)陀羅尼)
    2. [その他の文献]〔韓愈‐遊太平公主山荘詩〕
  3. ぜんせんめん(前線面)

まえ‐づらまへ‥【前面】

  1. 〘 名詞 〙 向かって前に見える部分。前の方。まえっつら。また、顔の前の部分。
    1. [初出の実例]「軒口に鉄行燈、前面(マヘヅラ)その外ともいろいろの額を掛け」(出典歌舞伎白縫譚(1853)二幕)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「前面」の読み・字形・画数・意味

【前面】ぜんめん

前方。

字通「前」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android