腕が上がる(読み)うでがあがる

精選版 日本国語大辞典「腕が上がる」の解説

うで【腕】 が 上(あ)がる

① 技術が進歩する。上達する。
※ひかげの花(1934)〈永井荷風〉五「親兄弟の反対するのも聴かずになったやうな奴でなくっちゃ腕は上るまいて」
② 飲めるの量が以前よりふえる。
※菊池君(1908)〈石川啄木〉二「『市ちゃんも仲々腕が上った』とか〈略〉一座は色めき立って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android