コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一座 イチザ

デジタル大辞泉の解説

いち‐ざ【一座】

[名](スル)
同じ席・場所に座ること。また、それらの人。同席。「祝いの宴に一座する」
同席の者全部。満座。「一座の爆笑を買う」
芸能・歌舞伎など興行者の一団体。「一座の花形」
説法・講演などの一席。「一座の法養」
連歌・俳諧を行う集まりの一席。また、その席で詠んだ作品一巻(ひとまき)。
神社の、一社。
仏像などの、一体。「阿弥陀一座
第一の上席。最上の席。首席。また、その席に着くこと。
「―より次第に鉢を飛ばせて、物を受く」〈宇治拾遺・一三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちざ【一座】

( 名 ) スル
同じ場所に居合わせること。同席。 「二、三度-為た事のある初緑と云ふ花魁/今戸心中 柳浪
そこに居合わせた人全員。満座。 「 -の人々はどっと笑った」
宴会などの催し事。 「 -の余興」
同じ興行に参加する役者・芸人などの一団。 「旅回りの-」
物を数える時に使う。
(仏像などの)一体。
(神社の)一社。
(説法・連歌・俳諧・茶事などの)一回。一席。
(連歌・俳諧の作品)一巻。
第一の上席。一番上等の席。首席。また、そこに座ること。 「諸僧、-より次第に鉢を飛ばせて物を受く/宇治拾遺 13

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一座の関連キーワード五味 国太郎御座が醒める若宮 万次郎曾我廼家蝶六シェーネマンアッカーマン座が白ける江戸城明渡顔見世興行座を醒ます興を醒ますエクホーフ武知杜代子藤沢浅二郎ノイバー三浦隆志国王一座鈴村貴彦公儀振り手嶋綾乃

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一座の関連情報