コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腕貫き ウデヌキ

デジタル大辞泉の解説

うで‐ぬき【腕貫き】

腕にはめて飾りとする輪。うでわ。
事務員や作業員が、服の袖(そで)が汚れないよう、手首からひじにかけてはめる布製の筒。
刀の柄頭(つかがしら)鍔(つば)につけるひもの。これに手首を通して柄を握る。
むちの柄の端につけて手首を入れるひもの輪。ぬきいれ。
槍(やり)の石突きにある穴。
僧などが夏期に用いる、着物の袖口の汚れを防ぐために腕にはめる竹などで編んだ。てぬき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

腕貫きの関連キーワード柄頭つば

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android