コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腕貫き ウデヌキ

1件 の用語解説(腕貫きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うで‐ぬき【腕貫き】

腕にはめて飾りとする輪。うでわ。
事務員や作業員が、服の袖(そで)が汚れないよう、手首からひじにかけてはめる布製の筒。
刀の柄頭(つかがしら)鍔(つば)につけるひもの輪。これに手首を通して柄を握る。
むちの柄の端につけて手首を入れるひもの輪。ぬきいれ。
槍(やり)の石突きにある穴。
僧などが夏期に用いる、着物の袖口の汚れを防ぐために腕にはめる竹などで編んだ筒。てぬき。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone