コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腟鏡 ちつきょうvaginal speculum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腟鏡
ちつきょう
vaginal speculum

腟内に挿入して腟腔を開大するための金属製またはプラスチック製の医療器具で,腟の粘膜子宮腟部視診,頸管分泌物や腟内容物の採取などに用いる。鳥の嘴状の2個の金属板から成るクスコ腟鏡などがよく用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の腟鏡の言及

【内視鏡】より


[内視鏡の構造]
 目的とする部位により異なった構造の器具が用いられる。体の表面に近い鼻,耳,のど,肛門,腟の内腔を見るためには,それぞれ鼻鏡nosal speculum,耳鏡ear speculum,喉頭鏡laryngoscope,肛門鏡anoscope,腟鏡speculaが用いられる。これらは内腔を広げるための管やへら状のもの,あるいは柄のついた小さい鏡である。…

※「腟鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

腟鏡の関連キーワード妊娠の徴候と診断法膀胱腟瘻/尿管腟瘻女性性器の損傷体外受精産婦人科

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android