腰元使(読み)こしもとづかい

精選版 日本国語大辞典「腰元使」の解説

こしもと‐づかい ‥づかひ【腰元使】

腰元として奉公すること。また、その人。
※俳諧・若狐(1652)三「借染の契りの中にをはらみ こしもとつかひ折檻をする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android