コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腰元 コシモト

デジタル大辞泉の解説

こし‐もと【腰元】

腰の辺り。腰つき。「腰元がふっくらする」
身分の高い人のそばに仕えて雑用をする侍女。こしもとおんな。
身の回り。自分のかたわら。〈日葡

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こしもと【腰元】

貴人のそばに仕えて、身の回りの雑用をする女性。侍女。
腰のあたり。
身の回り。身辺。 「 -にて使ふ小姓/仮名草子・犬枕」
刀の「栗形くりかた」のこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腰元
こしもと

上流の商家の人々の側に仕えて雑用をたす侍女(小間使(こまづかい))をさし、身の回りにおいて使うことから腰元使ともいう。また遊女屋の主人の居間や帳場で雑用に使われる女をもいった。一般には江戸時代に武家方の奥向きに仕える女中と同義に解釈しているが、三田村鳶魚(えんぎょ)は、武家方の女奉公人のうちには腰元の称はなく、おそらくそれは京・大坂の上流の商家にあったと思われるものを、いつのまにか芝居のほうで武家方へ持ち込んだものではなかろうか、といっている。[北原章男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

腰元の関連キーワード中村 梅花(3代目)坂東 田門(3代目)天衣紛上野初花吉様参由縁音信仮名文章娘節用恋女房染分手綱曾我綉侠御所染ひらかな盛衰記浮世柄比翼稲妻ガチョウ番の娘にやつこらし中村 芝寿弥尾上 梅朝番町皿屋敷お軽・勘平関八州繫馬物仕・物師播州皿屋敷身の回り仮名草子

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腰元の関連情報