コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腸詰構造 ちょうづめこうぞう boudinage

2件 の用語解説(腸詰構造の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

腸詰構造

珪岩など硬い地層に見られる構造で,縦断面が一連のソーセージ(sausage),あるいは端と端を接した樽の列に似ている.個々の構造はレンズ状の石英脈で分離されていることがある.この構造は最初にスタイニエルが記述しローエストが命名した[Stainier : 1907, Lohest : 1909].堆積岩が圧縮された時に同様のレンズ状の塊が形成されることが報告されている[McCrossan : 1958].この構造は普通は変成岩中に形成される.特定の層が切られることなく部分的に細く引き伸ばされて,太い部分と伸ばされた部分が繰り返す構造ができる.これを膨縮構造pinch and swell structure)といい,腸詰構造は引き伸ばされた部分が引きちぎられてできたものと考えられる[木村ほか : 1973].フランス語のboudinはソーセージの意味.

腸詰構造

垂直断面が一連のソーセージまたは樽が繋がった列と類似して見える構造で,珪岩など硬い層で見ることがある.個々のブーディンはレンズ状石英脈で分離されていることが多い.この構造は最初スタイニエルが記載しローエストが命名した[Stainier : 1907, Lohest : 1909].同様のレンズ状の塊は堆積岩が圧縮された際にも形成される[McCrossan : 1958].フランス語のboudinはソーセージの意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腸詰構造の関連キーワード褶曲葉理含油層縦断面剥離面線構造グラノシストーズ書籍構造膨縮構造織り模様構造片状珪岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone