コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珪岩 ケイガン

4件 の用語解説(珪岩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けい‐がん【×珪岩】

主として石英の粒からなる緻密(ちみつ)で硬い岩石。色は白・灰・赤など。砂岩変成作用を受けて生じたホルンフェルスと、石英粒子が珪酸分で硬く結合された砂岩との2種がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

珪岩

珪岩は砂岩の再結晶によって形成された変成岩の記載に用いられるのが最も普通である.一般にはほとんどが粒状の石英結晶からなる変成岩である.ドゥビソンによればこの名称はブロニアール(Brongniart)およびボナセ(Bonnaset)によるとしており,変成作用を受けた砂岩に使用した[d'Abuisson : 1819].しかし,この語は石英粒が密接に組み合わさった正珪岩(orthoquartzite)のような堆積岩や,珪酸質で鉱物粒が互いに膠結された砂岩にも使用されている.珪岩は岩石の破断面が粒の周りを囲むよりも,岩屑の粒を貫いて横切る岩石として定義されている[Tieje : 1921, Pettijhon, et al. : 1975].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

けいがん【珪岩】

主に石英の粒状結晶からなる変成岩。石英質の砂岩やチャートが変成再結晶したもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

珪岩
けいがん
quartzite

主として石英、長石からなるガラス状光沢をもった等粒状のホルンフェルスアルコース砂岩または珪質の堆積(たいせき)岩が接触変成作用を受け、再結晶してできた岩石。また、砂岩の砂粒間のすきまが、堆積後の続成過程において、二次的にできたシリカSiO2で満たされた岩石に対しても用いることがある。ほとんどすべての砂粒が石英からなり、すきまがシリカで満たされたものは、正珪岩(オルソコーツァイト)とよばれる。どちらも先カンブリア時代の地層に多く産する。なお、かつてはチャートや石英質の砂岩も珪岩とよばれたことがあるが、現在では用いられていない。[斎藤靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

珪岩の関連情報