コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹当て ハラアテ

デジタル大辞泉の解説

はら‐あて【腹当て】

腹掛け。腹巻き。 夏》
鎧(よろい)の一。胸・腹部と両脇だけを防護する簡略なもの。多く雑兵(ぞうひょう)が用いたが、上級武士も軽武装のときに衣服の下に着るなどした。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

腹当ての関連キーワード仕合はせ吉し腹掛け・腹掛腹巻き・腹巻仕合吉腹掛け両脇腹掛腹巻腹部

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android