自宅警備員(読み)じたくけいびいん

知恵蔵miniの解説

自宅警備員

引きこもり・ニートをユーモラスにとらえたインターネット発祥の俗語。引きこもりはまったく役に立たない存在ではなく自宅にいるだけで警備になる「自宅警備員」である、との発想から生まれた。2013年4月、求人情報サービス「an」が、全国の「自宅警備員」からTwitterで活動報告を募る企画を始めた。投稿された活動内容として「警備中、廊下の足音が両親の足音か、侵入者の足音か、を100%聞き分けました」などがある。

(2013-6-3)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android