本人(読み)ほんにん

精選版 日本国語大辞典「本人」の解説

ほん‐にん【本人】

〘名〙
① そのことに直接関係をもつ人。その人自身。当事者。当人
※古事談(1212‐15頃)一「此御時は罪科にもぞ被行とて返遣本人許了」 〔唐才子伝〕
② 首領。
※太平記(14C後)六「城の本人平野将監入道、高櫓より走下り」
③ 張本人。
※鵤荘引付‐大永五年(1525)六月「則科人者さ衛門五郎本人たる間、即時に搦捕之

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「本人」の解説

ほん‐にん【本人】

その事に直接関係のある人。当事者。当人。「本人に確かめる」「本人次第」
首領。張本人。
「城の―平野将監入道」〈太平記・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android