本人(読み)ほんにん

精選版 日本国語大辞典 「本人」の意味・読み・例文・類語

ほん‐にん【本人】

〘名〙
① そのことに直接関係をもつ人。その人自身当事者当人
古事談(1212‐15頃)一「此御時は罪科にもぞ被行とて返遣本人許了」 〔唐才子伝
首領
太平記(14C後)六「城の本人平野将監入道、高櫓より走下り」
張本人
※鵤荘引付‐大永五年(1525)六月「則科人者さ衛門五郎本人たる間、即時に搦捕之

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「本人」の意味・読み・例文・類語

ほん‐にん【本人】

その事に直接関係のある人。当事者。当人。「本人に確かめる」「本人次第」
首領。張本人。
「城の―平野将監入道」〈太平記・六〉
[類語]当人当事者当方一身張本人自ら自分自身自己おのれわれ自分自身一身

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「本人」の読み・字形・画数・意味

【本人】ほんにん

当人。

字通「本」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android