コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興福寺金襴 こうふくじきんらん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

興福寺金襴
こうふくじきんらん

名物裂 (めいぶつぎれ) の一つ。興福寺に伝わったのでこの名がある。紫地に宝珠形を並べそのなかに鳥文様を織り出している。寺伝では唐代とするが実年代はもっと下がる。名物裂のなかでは最も珍重された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の興福寺金襴の言及

【名物裂】より

…印金,金襴,金紗などは仕覆としてよりも表装裂などに広く活用されてきた。特に古金襴として名高い〈興福寺金襴〉〈大灯金襴〉〈二人静金襴〉などは,それぞれに興福寺の帳に用いられた裂,大灯国師の袈裟であった裂,足利義政が《二人静》を舞った装束の裂といった由緒をもつものである。その他著名な金襴に花麒麟,竜爪,角倉,高台寺金襴をはじめとする唐草文の金襴などがある。…

※「興福寺金襴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

興福寺金襴の関連キーワード金襴・銀襴

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android