航空機奪取罪(読み)こうくうきだっしゅざい

世界大百科事典内の航空機奪取罪の言及

【ハイジャック】より

… 日本は,1970年のよど号事件を契機に東京条約を批准し,その国内的措置として〈航空機の強取等の処罰に関する法律〉を制定し,のちハーグ条約を批准した。この法律では,犯罪地の国内外また犯罪者の国籍を問わず,暴行,脅迫等により人を抵抗不能の状態に陥れて航行中の航空機を強取しまたはほしいままにその運航を支配した者を無期または7年以上の懲役に(1条1項,航空機奪取罪),それにより人を死亡させた者を死刑または無期懲役に処す(2条)とともに,未遂(1条2項),予備(3条)をも処罰している。また偽計,威力を用いて正常な運航を阻害した者も1年以上10年以下の懲役に処せられる(4条)。…

※「航空機奪取罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android