船星(読み)ふなぼし

世界大百科事典内の船星の言及

【星】より

…なお,俳句でいう〈ふたつぼし〉は七夕の女夫星である。 船星北斗七星が北の中空に横たわるころ,頭の2星α,βを除く5星を和船の形と見たもので,島根・広島・大分地方でいい,京都府の天橋立付近では〈ふながたぼし〉という。沖縄地方でも〈ふにぶし〉〈ふなーぶし〉〈うふなぶし〉などとなまって,宮良当壮著《八重山古謡》第2集には〈うふなぶし(星)ゆんた〉が掲げられている。…

※「船星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船星の関連情報