コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良賤不婚制 りょうせんふこんせいLiang-jian bu-hun-zhi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

良賤不婚制
りょうせんふこんせい
Liang-jian bu-hun-zhi

中国旧来の法律および礼制上,婚姻成立の実質的要件の一つとされたもの。すなわち,身分による制限であって,婚姻は良民,賤民いずれか同一身分であることを要すとされた (同色婚,等色婚) 。中国法史上における婚姻の同格の一場合であり,賤民も法律上の婚姻ができ,質において良民の婚姻と変らず,同色婚をするかぎり,法律に触れなかったという点,ローマ法と異なることに注意すべきである。金,元の法は,良賤不婚のたてまえをとりながら,良賤間の婚姻禁止を緩和しさえした。日本律令も中国法とほぼ同じであったが,良賤の中間にある雜戸,陵戸との通婚については,学説上対立が存在していた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android