コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良賤 リョウセン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

良賤
りょうせん

日本古代における人民の良との身分区分。中国の良賤の身分法を継受したもの。1~7世紀の賤民の形成は、〔1〕犯罪者の賤民化、〔2〕捕虜、〔3〕王族、豪族、寺社などの隷属民の賤民化、〔4〕人身売買や債務による奴隷化などにより進行していた。7世紀後半には、男女の法により人民が良と賤に二分され、庚午年籍(こうごねんじゃく)(670)、庚寅(こういん)年籍(690)の戸籍により良民と賤民の身分区別が全人民について確定され、庚寅年籍以降は良民が人身売買や債務により奴隷化することを防止して、国家支配の基盤としての公民身分の確立を図った。大宝令(たいほうりょう)(701)の戸令(こりょう)により、賤民は、官有賤民として朝廷などで労役に従う官戸(かんこ)と公奴婢(くぬひ)(官奴婢)、私有賤民として家人(けにん)や私奴婢の身分が定められた。さらに、養老(ようろう)令(718)では、陵墓を守る陵戸(りょうこ)も賤民とされ、五色(ごしき)の賤の制が確立した。私奴婢は売買の対象ともされた。良民と賤民は通婚を禁止され、また賤民は氏姓をもたなかった。8世紀には奴婢の逃亡の事例が多数みられる。私有賤民の人口は、良賤制の確立以降は生益(しょうえき)によってしか増加しないことになった。また、賤を解放して良民とすることを放賤従良といった。良民のなかには、租税負担などを逃れるために賤民と通婚する者なども生まれてきた。8世紀後半に、良賤間の通婚による所生子を良民とすることとしてから、賤民は激減したと推定され、戸籍制度の衰退とも関連して、9~10世紀には律令賤民制は解体していった。しかし、卑賤観念や穢(けが)れの観念により人間を差別し賤民身分とすることは、平安後期以降の新たな賤民制度の出発点となった。[石上英一]
『井上光貞他編『律令』(1976・岩波書店) ▽神野清一著『律令国家と賤民』(1986・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

良賤の関連キーワード平安時代(年表)奴隷制[東洋]良賤不婚制律令国家均田法刑部省良賤制品部

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android