コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同格 ドウカク

デジタル大辞泉の解説

どう‐かく【同格】

資格・格式・地位などが同じであること。「課長職と同格に扱う」
文法で、一つの文の中において、語あるいは文節が他の語あるいは文節と、文の構成上の機能が同一の関係にあること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうかく【同格】

資格・格式などが同じであること。 「 -の役職」
文法で、同一の文中に並び置かれた二つ以上の語や文節が、同一の文法上の機能を果たす関係にあること。「〈ビールの〉〈冷えたの〉を飲む」における関係など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

同格の関連キーワードクラウス ウォーウェライトパリティ(Parity)マギステル・エクイツム準える・准える・擬える白川 軍八郎(初代)コーディネーション国連でのパレスチナフレデリックスベルフランスの海外領土テクニカルフォール詰め切る・詰切るシダ(羊歯)植物総合科学技術会議北九州工業地帯其の物・其の者最高裁判所長官帝都復興院パリティー多久[市]後見(能)

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同格の関連情報