コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝座 しばざ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芝座
しばざ

中世における南都絵所三座の1つ。興福寺一乗院に属する。その系譜,事績などは不詳。鎌倉時代初期に成立し,観実,観深,観盛,観覚,観尊などいずれも観の字を冠する絵仏師が多い。仏画制作のほか,仏像の彩色や堂内装飾をも手がけた。のち東大寺をはじめ金峯山寺絵所や多武峰の仕事にも従事した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone