コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多武峰 とうのみね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多武峰
とうのみね

奈良県奈良盆地南東部,桜井市南部の地区。旧村名。竜門山地中央の御破裂山 (619m) の南山腹を占める。藤原鎌足をまつる談山神社で知られ,室町時代建造の極彩十三重塔をはじめとする古い建造物が残る。桜,紅葉の名所で,関西の日光といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

多武峰【とうのみね】

奈良県桜井市南部の一地区。御破裂山の山腹にある談山神社で有名。御破裂山は藤原鎌足の墓所で,天下異変の時には鳴動するといわれた。桜や紅葉の名所で,桜井線桜井駅からバスが通じる。
→関連項目多武峯少将物語大和猿楽

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうのみね【多武峰】

奈良県桜井市南西部,寺川上流一帯の名称。狭義には御破裂(ごはれつ)山(破裂山とも。619m)という竜門山地中部のひとつの山の名だが,その南麓一帯をいう。また多武峯寺の略称。 《日本書紀》斉明2年是歳条に〈田身嶺(たむのみね)に,冠らしむるに周(めぐ)れる垣を以てす。(中略)嶺の上の両(ふた)つの槻(つき)の樹の辺に,観(たかどの)を起(た)つ。号(なづ)けて両樹(ふたつき)宮とす〉とあるのが地名の初見で,高所に営まれた両槻宮は,道教の影響があるのではないかとされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうのみね【多武峰】

奈良県桜井市南部にある山。竜門山地の中部にあり、山頂は破裂山(海抜619メートル)。この山で藤原鎌足が中大兄皇子と大化改新の談合をしたといわれ、談山かたりやまともいわれる。山腹に鎌足の墓所と、これをまつる談山だんざん神社がある。紅葉の名所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多武峰
とうのみね

奈良県中北部、桜井市の一地区。竜門(りゅうもん)山地中央部の御破裂(ごはれつ)山(618メートル)南斜面一帯の地。山腹に藤原鎌足(かまたり)を祀(まつ)る談山(たんざん)神社がある。江戸時代まで多武峰寺と総称され、神仏両様の形式であったが、明治維新後、談山神社となった。天下異変のとき御破裂山が鳴動し、鎌足の木像が破裂するといわれている。神社周辺は紅葉の名所として知られる。JRおよび近畿日本鉄道桜井駅から談山神社までバスで25分。[菊地一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の多武峰の言及

【延年】より

…これは宮廷におけるものだが,以後の延年資料は圧倒的に寺院におけるものが多い。平安末期から鎌倉,室町にかけて延年が催された寺院は,畿内では興福寺,東大寺,法隆寺,薬師寺,多武峰(とうのみね)(古くは〈たんのみね〉),比叡山,園城寺,醍醐寺などであり,地方では日光輪王寺,平泉の中尊寺,毛越(もうつ)寺などであるが,とりわけ南都の延年が歴史も古く,かつ盛大であった。たとえば,興福寺の延年は維摩会(ゆいまえ)に付属する催しであったが,白河院の時代にはすでに行われていたものと思われる。…

【藤原鎌足】より

…なお《万葉集》は2首,《歌経標式(かきようひようしき)》は1首の,鎌足作という歌を収めている。【青木 和夫】
[伝承]
 藤原鎌足は,その官職名をとって大織冠(たいしよくかん∥たいしよかん)の名で親しまれているが,多武峰(とうのみね)の聖霊院(現在の談山(たんざん)神社)にまつられている。《談峯記》によると,定恵和尚が阿威山から談峯(多武峰)へ改葬して,墓上に十三重塔を建て,その東に御殿を造り,父鎌足の霊像を安んじたのが聖霊院の始まりとされる。…

※「多武峰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多武峰の関連キーワード奈良県桜井市多武峰多武峰少将物語倉橋山・倉椅山増賀・僧賀多武峰猿楽中大兄皇子住吉具慶藤原師氏大化改新藤原光範頼み無し藤原高光馬芝居小倉山観世流宝生流おおえ順の舞倉橋山坂田寺

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多武峰の関連情報