芥もくた(読み)アクタモクタ

デジタル大辞泉「芥もくた」の解説

あくた‐もくた【×芥もくた】

《「もくた」は「もくず(藻屑)」が「あくた」に引かれて音変化したものという》
何の役にも立たない、つまらないもの。無用なもの。
「何のかのいふ―を、さらりとちくらが沖へ流して」〈おらが春
人の欠点や短所。また、それをあげつらう言い方。あくぞもくぞ。あくたいもくたい。
「充満坪(じゅうまんつぼ)の煤(すす)はきするやうに、―をまけ出して」〈洒・船頭部屋〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android