コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芥もくた アクタモクタ

デジタル大辞泉の解説

あくた‐もくた【×芥もくた】

《「もくた」は「もくず(藻屑)」が「あくた」に引かれて音変化したものという》
何の役にも立たない、つまらないもの。無用なもの。
「何のかのいふ―を、さらりとちくらが沖へ流して」〈おらが春
人の欠点や短所。また、それをあげつらう言い方。あくぞもくぞ。あくたいもくたい。
「充満坪(じゅうまんつぼ)の煤(すす)はきするやうに、―をまけ出して」〈洒・船頭部屋〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android