コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おらが春 おらがはる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

おらが春
おらがはる

江戸時代後期の俳句俳文集。小林一茶著。1冊。一茶遺稿真跡を透き写しにして,没後 25年にあたる嘉永5 (1852) 年に刊行。挿絵も一茶筆。『おらが春』という書名は著者の命名ではなく,巻頭の一文中にある発句「めでたさも中くらゐなりおらが春」により刊行者が名づけたもの。文政2 (19) 年一茶 57歳の元旦から歳末にいたる1年間の感想,見聞と,おりおりの発句を書き連ねたもので,一茶の代表的著作。文もよく句も精選され,一茶自身も公刊の意志があったらしい。一茶晩年の身辺の事情や,信仰的安住に到達した心境などもうかがわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おらがはる【おらが春】

江戸後期の俳諧俳文集。1冊。小林一茶著。文政2年(1819)成立。一茶死後25年たった嘉永5年(1852)刊。一茶57歳の年の元旦から歳末までの見聞・感想などを、長女の死を中心に発句を交えて記したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

おらが春【おらがはる】

江戸後期の日記句文集。1冊。一茶著。1819年成立,1852年刊。1819年の正月から暮までの身辺雑記,回想を収める。折にふれての句が挿入され,著者晩年の心境を巧まず吐露した,一茶の遺稿にして代表作

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おらがはる【おらが春】

俳文発句集。一茶の遺稿。没後25年の1852年(嘉永5),信州の白井一之が,山岸梅塵家伝来の真跡を譲られて逸淵序と四山人・西馬の跋を添え,模刻刊行。初版は〈信陽有明菴蔵梓〉とあり,一之の私家版である。のち江戸の書肆に移って版を重ね,広く流布した。一茶57歳の1819年(文政2)の元旦から歳末に至る随想におりおりの句を交える。〈目出度さもちう位おらが春〉に始まり,巻末を〈ともかくもあなた任せのとしの暮〉と結び,首尾呼応して家庭的に不幸な,蹉跌(さてつ)の末に到達した“あなた任せ”の人生観を表白した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おらがはる【おらが春】

俳文俳句集。一巻一冊。小林一茶作。1852年刊。1819年一茶五七歳の元旦から同年12月29日までの、一年間の感想・見聞・発句などを収めた一茶晩年の代表作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おらが春
おらがはる

小林一茶(いっさ)の代表的な句文集(くぶんしゅう)。一茶死後25年たって、弟子の白井一之(いっし)が上梓(じょうし)。1819年(文政2)、一茶57歳の1年間の随想、見聞、句作だが、ちくりと皮肉を仕込んだ見聞にも、この年、長女さとを痘瘡(とうそう)で死なせて、その悲嘆の情をありていにつづった文章にも、一茶の円熟が感じられる。そして、重なる子供の死(3年前に長男死亡)を通じての、浄土真宗門徒一茶の如来(にょらい)信仰の成熟が目をひく。一之がこの題を選んだ句文集最初の句「目出度(めでた)さもちう位也(くらいなり)おらが春」を、集末尾の句「ともかくもあなた任(まか)せのとしの暮(くれ)」と照応させつつ、「自力他力」の「小(こ)むつかしき子細(しさい)」を超えた、「あなた任せ」の境地を一茶は熱っぽく述べている。[金子兜太]
『『一茶全集6』(1976・信濃毎日新聞社) ▽勝峯晋風著『評釈おらが春』(1941・十字屋書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

おらが春の関連キーワード紙下げ虫・髪下げ虫類える・比える綱島郷太郎小豆畑雅一骨頂・骨張奥山李卿柳下季里川先宏美横堀悦夫川島つゆ葦の穂綿エッセイ芥もくた跡無し事跡無し遠藤好麻ミナ藤貴子和らぐ露の世

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おらが春の関連情報