コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花房半七 はなぶさ はんしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

花房半七 はなぶさ-はんしち

?-? 江戸時代後期の長唄唄方。
3代湖出(こいで)市十郎に師事したという。弘化(こうか)のころ京坂で玉村芝楽(しらく)とならび称された。唄浄瑠璃(じょうるり)や三味線にもすぐれ,作曲もしたとつたえられる。明治5年(1872)死去とする説がある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

花房半七の関連キーワード坂東 小三郎坂東定次郎坂東小三郎

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android