コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花菜類 かさいるい

大辞林 第三版の解説

かさいるい【花菜類】

花の部分を食用にする野菜。カリフラワー・ブロッコリーなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の花菜類の言及

【野菜】より

山菜【鈴木 晋一】
[分類]
 農学における分類では,野菜は園芸作物の中に含まれ,さらに利用する部分によって,葉菜類(キャベツ,ホウレンソウ,レタス,セロリなど),根菜類(ダイコン,カブ,ニンジン,ゴボウなど),果菜類(キュウリ,カボチャ,トマト,ナスなど)に分けられる。アスパラガスやウドのように茎を利用するもの(茎菜類)やカリフラワーのように花茎や花序を利用するもの(花菜類)もあるが,これらは葉菜類に含めることが多い。ただし,野菜と他の作物との境界は,山菜とのそれと同様にあまり明確ではない。…

※「花菜類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

花菜類の関連キーワード蔬菜類作物花菜食用

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android