コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草蜻蛉 くさかげろう

大辞林 第三版の解説

くさかげろう【草蜻蛉】

クサカゲロウ科の昆虫。体長約10ミリメートルで、前ばねの長さ15ミリメートル 内外。体は緑色で細く、弱々しい。はねは軟らかく透明で、縦脈は緑色。卵には糸状の長い柄がつき、俗にウドンゲと呼ぶ。幼虫・成虫ともアブラムシなどの小昆虫を捕食する。 [季] 秋。 《 -吹かれ曲りし翅のまゝ /中村草田男 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

草蜻蛉 (クサカゲロウ)

学名:Chrysopa intima
動物。クサカゲロウ科の昆虫

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

草蜻蛉の関連キーワード中村草田男ウドンゲ